すべてのデータベースに〈データビリティ〉の実現を。Oracleデータベースに特化した 株式会社アクアシステムズ

「セーブ・ザ・チルドレン」は、国連の「子どもの権利条約」を理念とし、世界115ヶ国以上で活動する民間の国連援助団体(NGO)。アクアシステムズは、ここを通じて、教育、保護衛生、紛争や被害の緊急援助活動をサポートしています。

セーブ・ザ・チルドレンの日本での主な支援事業

子供の貧困問題への取組み

アクアシステムズが応援する「セーブ・ザ・チルドレン」の主な支援事業-子どもの貧困問題"Speaking Out Against Poverty(SOAP)~夢や希望をうばわれないために~"

【事業地】主に東京・大阪
【子どもへの効果】子どもの貧困問題に対して、声をあげ(Speak Out)、社会に参加する子どもが増える。子どもたちの声を社会に届け、政策に反映することで、子どもの貧困を削減する。
【活動】子どもの貧困の実態を把握するための調査・研究。イベント・シンポジウム 等を通じた啓発キャンペーン。調査で収集した子どもの声と、啓発キャンペーンを 通じて形成された世論をもとにした政策提言。

自治体での子ども参加の仕組み作り

アクアシステムズが応援する「セーブ・ザ・チルドレン」の主な支援事業-子ども参加の仕組み作り【事業地】埼玉県和光市
【子どもへの効果】地域の課題解決のために、声をあげ、社会に参加する子どもが増える。地方自治体において、子どもの意見表明と子ども参加の機会が保障される。
【活動】「わこう子どもプラン」子ども版地域協議会の運営(「わこう子どもプラン」 は、埼玉県和光市の次世代育成支援対策後期行動計画)。和光市内小・中・高校生に対するアンケート調査の実施。子どもたちの意見を引き出し、子どもに寄り添うファシリテーター(チャイルド・ファシリテーター)の養成。自治体および地域 住民とのネットワーク形成。

教材開発・普及

アクアシステムズが応援する「セーブ・ザ・チルドレン」の主な支援事業-教材開発・普及 セーブ・ザ・チルドレンやSOの活動の経験をもとに、国際協力や子どもの権利に関する教材を開発し、販売しています。ぜひ学校や地域、ご家庭等でご活用ください。

~子ども向け教材~
・世界の子どもの状況や国際協力活動を知るためのポスター式教材「Hi5!」
・フォトランゲージ教材「写真から見よう!!世界の子どもたち」
・自分のことを様々な角度から知り、自己肯定感を高めるための教材「探偵手帳」
・子どもの権利条約条項( A4カラー.pdf /A4白黒.pdf)
・活動紹介ビデオ「子どもの権利とセーブ・ザ・チルドレン」

  • お問合せ
  • メディア掲載情報