株式会社アクアシステムズ NEWS お知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

データベース監査ツール「AUDIT MASTER」次期バージョンでOSログ対応

2010年03月08日

データベース監査ツール「AUDIT MASTER」次期バージョンでOSログ対応
〜サーバサイドのログを包括的に管理する、サーバログ監査ツールへ〜

ライン

 株式会社アクアシステムズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:赤間 保、以下アクアシステムズ)は、今夏リリース予定の、データベース監査ツール「AUDIT MASTER」の次期バージョン2.1で、サーバOSでの操作ログに対応すると発表いたしました。これにより、管理者を含めたデータベースでの詳細ログに加え、サーバOSへのログイン、ファイル単位の操作など、サーバ内のあらゆるログを統合的、包括的に管理することが可能になります。

 「AUDIT MASTER」は、シンプルで操作性の高いGUIを装備し、ログ参照や検索を容易に実現するとともに、柔軟でカスタマイズ自在なレポート機能によって、定期的なログのモニタリング環境を実現します。また、データベースやOSログ以外にも、csv形式のログを取得可能で、Oracle以外のデータベースやプリンタサーバ等のログもレポートに加工することができます。さらにcsv形式をサポートした「AUDIT MASTER」の標準レポートはその他の連携ソリューションとも親和性が高く、Oracle BI(Oracle Business Intelligence Standard Edition One/通称Oracle BI SEone)やLogstorageとの連携を利用して、クライアントログとの統合管理も可能です。

 このバージョンより、サーバOSログ対応機能と同様、従来のデータベース監査機能もプラグインのひとつになります。これによって、「AUDIT MASTER」 はデータベース監査ツールから、サーバログ監査ツールへと進化します。


プレスリリースの全文については、こちらを参照ください。
→ 「AUDIT MASTER」詳細はこちら


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社アクアシステムズ
Sales Division
Tel: 03-5363-5556 Fax:03-5363-3225
E-mail: info@aqua-systems.co.jp
WEB: http://www.aqua-systems.co.jp

※本文中に記載されているブランドまたは製品、会社名は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。敬称は省略しています。


ニュース一覧へ

  • お問合せ
  • メディア掲載情報
  • アクアシステムズとは