株式会社アクアシステムズ NEWS お知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「DB クイック リスクアセスメントサービス」を提供開始

2010年09月14日

アクアシステムズ、セキュアリスクマネジメント、シスラボ三社による
「DB クイック リスクアセスメントサービス」を提供開始

ライン

 株式会社アクアシステムズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:赤間 保、以下アクアシステムズ)は、セキュアリスクマネジメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高久 勉、以下セキュアリスクマネジメント)、株式会社シスラボ(本社:東京都豊島区、代表取締役:佐藤 曠弌、以下シスラボ)との協業で、「DB クイック リスクアセスメントサービス」の提供を開始すると発表しました。

 データの保管先であり源泉となるデータベースのセキュリティは、情報漏洩対策やJSOX等の内部統制対応において非常に重要です。しかし、これまでデータベース層に対する十分なリスク評価が適切に行われてこなかったため、必要なセキュリティ対策が実施されていないケースが多く見受けられます。そのために、データベースセキュリティ対策の問題点をついた、重篤な情報漏洩事故が引き起こされています。

「DB クイック リスクアセスメントサービス」は、パラメータやユーザー環境の設定内容に加え、管理・運用面まで踏み込んで、データベースの基本的なリスク評価を定量的に行うサービスです。シスラボのリスク定量化手法、セキュアリスクマネジメントの情報セキュリティコンサルティング(PCI DSS、ISMS等)で培われた知識と経験、データベースに特化した会社として長年データベースに携わってきたアクアシステムズのデータベーススキルを加えることによって、高レベルのリスク評価サービスを、短期間、かつ低価格で提供することが可能になりました。セキュリティコンサルティングの視点に、データベースをベースにしたより深いITナレッジを加え、リスク定量化手法によって昇華させることで、従来のセキュリティ診断やリスク分析を超えた、現実的かつ実感的な診断サービスを提供します。

 このサービスは従来の自己診断アンケート形式ではなく、三社によるオンサイトでの調査と設定内容スキャンに基づいて行われ、脆弱性の度合いを金額で示します。データベースリスクを定量的に評価する画期的なアセスメントサービスであり、セキュリティ対策の適正コストを判断する、より現実的、実践的な指針となります。

詳細は、報道発表資料をご参照ください。

→データベース+サーバログ管理ツール「AUDIT MASTER」の詳細はこちら

■お問い合わせ先
株式会社アクアシステムズ
Tel: 03-5363-5556 Fax:03-5363-3225
E-mail: info@aqua-systems.co.jp
WEB: http://www.aqua-systems.co.jp

*本文中に記載されているブランドまたは製品、会社名は、それぞれを保有する
各社の商標または登録商標です。敬称は省略しています。


ニュース一覧へ

  • お問合せ
  • メディア掲載情報
  • アクアシステムズとは