株式会社アクアシステムズ NEWS お知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Oracle勉強会 セキュリティ対策編 (11/19 開催)」レポート

2011年11月25日


「Oracle勉強会 セキュリティ対策編 (11/19 開催)」レポート
ライン

11月19日(土)、データベース友の会との共催にて「Oracle勉強会 セキュリティ対策編」を開催しました。勉強会の様子をご紹介します。

導入パートとして、データベース友の会より、友の会のご紹介、アクアシステムズとの取り組み、セキュリティキーワードのおさらいをしていただきました。
ご参加いただいた皆様の自己紹介をしていただき、和気あいあいとした感じでスタートしました。
Oracle勉強会 セキュリティ対策編 導入パート

・導入パートの資料ダウンロードはこちら
データベース友の会とは?

◇Oracle勉強会 セキュリティ対策編 -今、必要なセキュリティ知識
 [Part 1] 今考える「情報セキュリティ」 [Part 2] Oracle におけるセキュリティ対策の二部構成で行われました。
 アクアシステムズでは、セキュアでハイパフォーマンスなデータベース環境実現のご支援を行っており、また自社開発パッケージソフトとして、ログ管理・モニタリングツールをご提供しています。お客様のセキュリティの課題を解決し、コンプライアンスの要求にこたえる中で培った経験、ノウハウを元に、ここ最近頻発している情報セキュリティ事故・事件を踏まえて、今求められているセキュリティ対策は何か、データベース側で考えるべきこと、具体的な対応手法についてご紹介しました。
Oracle勉強会 セキュリティ対策編 セキュリティセルフチェックの様子

 [Part 1] 今考える「情報セキュリティ」では、ここの何年か話題になった情報漏えい事件や、最近の国際的な話題、サイバーテロについて、原因や侵入経路などの概要を確認し、あわせて、情報セキュリティ部門も知識として知っていて損はない、各種法制、ガイドラインなどをご紹介をしました。
 また、データベースでのセキュリティ対策をあまりされていない方が多かったので、DBSCで公開されている「セルフチェック」を代表の方にしていただき、データベースでの対策の重要性を再度認識いただきました。
[Part 2] Oracle におけるセキュリティ対策では、今注目すべきこととして、境界防御の限界を知り、それを乗り越えてくることを前提にした多層防御の仕組み作り、データベース層で果たすべき役割を改めて考えていただきました。Oracle データベースにおいて、セキュアな設定を行うためにとして気を付けること、ログの対応、暗号化まで、具体的な機能・設定方法まで広く紹介しました。

・このセッションの資料をご希望の方は、お問い合わせフォームよりお申込みください。

◇ブレイクタイム-若手DBAのある休日「VirtualBoxで作る、11gR2+ASM環境」
ブレイクタイム-若手DBAのある休日

アクアシステムズは、データベースを深く知りたい、もっと活用したい、といった活動を応援しています。セミナー・勉強会の共催のご相談も承りますので、お問い合わせください。


ニュース一覧へ

  • お問合せ
  • メディア掲載情報
  • アクアシステムズとは