株式会社アクアシステムズ NEWS お知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Cloud Days Tokyo 2013 Spring 出展」レポート

2013年03月07日


「Cloud Days Tokyo 2013 Spring 出展」レポート
ライン

株式会社アクアシステムズは、AWS パートナー としてアマゾン ウェブ サービス EC2/RDS対応、クラウド プラットホーム上でも動作するデータベース監査ソフト「AUDIT MASTER for/on AWS」を「Cloud Days Tokyo 2013 Spring」(2月27日〜28日 ホテルニューオータニ)の Navigate the Cloud パビリオン (AWSブース) にて展示いたしました。

連日、非常に多くの方が来場され、Navigate the Cloud パビリオンのブースでは通路を通るのもやっとというような混雑ぶりでした。アクアシステムズブースにも多くの方にお越しいただき、またミニセミナーにも何重にも人垣ができるほどご参加いただきました。ありがとうございました。

■Navigate the Cloud パビリオン (AWSブース)
「AUDIT MASTER for/on AWS」と、データベースのクラウド移行などの「アクアシステムズ コンサルティングサービス」をご紹介しました。
Cloud Days 2013 Spring - Navigate the Cloud パビリオン (AWSブース) Cloud Days 2013 Spring - アクアシステムズブースでは私たちがご案内させていただきました

■ミニセミナーの様子
多くの方にとても熱心に聞いていただきました。
CloudDays2013Spring-Aqua3


※このミニセミナーの資料や製品資料をご希望の方は、お問い合わせフォームよりお申込みください。


 「AUDIT MASTER」は、Oracleのaudit機能、MS SQLServer のトレース/audit機能、
MySQLの一般クエリログなどデータベースが元々提供している機能を使って、データベースへのアクセスログを取得し、AUDIT MASTER でそのログを監視、監査します。

 旧来のオンプレミス環境のみならず、データセンターやクラウドといったHW、アプリケーション、ネットワークの"構成"やデータベースの"場所"に依存せず、データベースアクセスログを取得できる唯一のソリューションです。

 また、「AUDIT MASTER」をAWS上で稼働させることで、大量のログの長期間運用管理において柔軟なキャパシティ管理が可能になり、セキュアなAWS環境でログの運用管理を行うことによって管理コストの低減を図ることができます。
 「AUDIT MASTER」はオンプレミス、クラウドなどさまざまな環境をシームレスに一元管理する環境を提供します。



*アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、 Amazon EC2 および Amazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。本文中に記載されているブランドまたは製品、会社名は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。敬称は省略しています。
※文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
※敬称は省略しています。


ニュース一覧へ

  • お問合せ
  • メディア掲載情報
  • アクアシステムズとは