株式会社アクアシステムズ NEWS お知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「コーポレート・ガバナンス・アワード2013 (11/19開催) 」レポート

2013年11月26日


「コーポレート・ガバナンス・アワード2013 (11/19開催) 」レポート
ライン

日本マネジメント総合研究所主催「コーポレート・ガバナンス・アワード2013」が開催されました。
アクアシステムズはこのイベントに特別協賛し、「データベースから始める情報システムの内部統制」をテーマに講演させていただきました。


コーポレート・ガバナンス・アワードは、日本マネジメント総合研究所合同会社 理事長 戸村智憲 様の主宰にて、日本企業がより健全な企業統治・内部統制・リスク管理を含め、企業価値の向上への歩みを確かなものとし、国際的・社会的な要請に適応していけるよう、良き企業統治への取り組みをされた方々を表彰する取組みです。


コーポレート・ガバナンス・アワード2013では、「勇気ある監査役大賞」「勇気ある通報者大賞」「勇気あるガバナンス大賞」の3大賞が決定しました!
詳細は、ニュースをご参照ください。この他、様々なニュースサイトでも取り上げられました。


■アクアシステムズのセッション
「データベースから始める情報システムの内部統制〜実践事例を踏まえた対策のポイント〜」
アクアシステムズのセッションでは、情報システムに対して、ガバナンスや内部統制をきかせるために、次の2点を中心に解説させていただきました。
 ・管理者対策の重要性
 ・データベースの重要性

ますます広がる「クラウド」活用の中で、内部統制やセキュリティをどう考えるかというトピックス、そして、管理者対策として、データベース操作ログを活用したリスクコントロール手法をいくつか事例をベースにご案内しました。

コーポレート・ガバナンス・アワード2013 アクアシステムズ セッションの様子 熱心に聞いていただきました コーポレート・ガバナンス・アワード2013 アクアシステムズ セッションの様子 管理者対策がテーマです

ご参加いただいた方は、監査や内部統制をご担当させていらっしゃる方で、情報システムの統制に関しては少し遠いところの方が多かったようですが、ガバナンスの視点でも、情報システムの、特に管理者のコントロールに関心をもって聞いていただけたことと思っております。
ありがとうございました。

※今回のセッションの資料をご希望の方にお送りいたします。お問い合わせフォームよりお申込みください。



※アクアシステムズは、データベースにおける情報セキュリテイ、内部統制といったテーマでの勉強会や講演などのご相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。


ニュース一覧へ

  • お問合せ
  • メディア掲載情報
  • アクアシステムズとは