ニュース

第12回デジタル・フォレンジック・コミュニティ2015 in TOKYOに出展

アクアシステムズは第12回デジタル・フォレンジック・コミュニティ2015 in TOKYOにデータベース監査ツール「AUDIT MASTER」を出展いたします。

 第12回デジタル・フォレンジック・コミュニティ2015 in Tokyoのテーマは
「IoT/クラウド、M2Mのデジタル・フォレンジック ― 飛躍的に向上する社会の利便性とともに ―」

今日の高度ICT社会では、インターネットを経由したクラウド・コンピューティング・サービスが普及し、様々なデバイスがネットワークに接続され、クラウド上のサービスと連携するようになってきました。とりわけIoT(Internet of Things)やM2M(Machine to Machine)は、将来、日本が世界をリードできる分野であることから、デジタル・フォレンジックも、IoT、M2Mに必要とされる手法・技術として寄与していくことが求められています。そのためには、IoTやM2Mに対応するデジタル・フォレンジックの技術的な課題や法的な課題を明らかにしておく必要があります。
今年のコミュニティでは、これらの課題や論点を識者に提起して頂き、IoT、M2M分野での今後のデジタル・フォレンジックの方向性を議論したいと考えています。



開催日:2015年12月14日(月)、12月15日(火)
会場:ホテル グランドヒル市ヶ谷(東京都新宿区市ヶ谷)

参加費:
デジタル・フォレンジック研究会  正会員 10,000円
デジタル・フォレンジック研究会 学生会員 5,000円
提携団体会員  ※提携団体:JASA、JNSA、DRAJ 10,000円
一般 15,000円
一般学生 5,000円

※交流会参加費 別途1,000円

定員:300名 ※定員になり次第、締め切らせて頂きます。