ニュース

データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)主催セミナーのご案内 10/17開催

 

 アクアシステムズは、データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)の活動に参加・協力しております。DBSCは、「データベースセキュリティ」の普及促進を図る目的で設立された任意団体です。
 この度、以下のとおりセミナーを開催いたしますので、ご参加賜りたくご案内申し上げます。業種や専門分野に関わらず、広く皆様のご参加をお待ちしております。



<データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)主催>
DBSC秋の臨時セミナー ~「ランサムウエアとDBセキュリティ」~
2017年10月17日(火) 13:00~17:00
http://www.db-security.org/seminar/20171017.html

 世界中を震撼させた「WannaCry」や「Petya」をはじめランサムウエアの感染により業務に支障が出る影響が 多発し話題となっております。
ランサムウェアの対策とDBへの対策についてセミナーを開催いたします。
DBSC会員企業だけではなく、一般の方もご参加いただけますので、ぜひお申込みください。どうぞよろしくお願いいたします。

※本イベントご参加で、(ISC)2認定資格保持者様のCPEクレジット(2ポイント)が取得可能です。

■詳細・お申込み http://www.db-security.org/seminar/20171017.html

【日程】 2017年10月17日(火) 13:00~17:00
【会場】 東京電機大学(東京千住キャンパス)1号館2階「1205セミナー室」
【定員】 100名様 (事前登録制)
【参加費】無料
【お申込】E-mailにて、10月16(月)17時迄にお申し込みをお願いいたします。

■E-mail申し込みフォーム(一通で複数人のお申込みも可能です)
◇宛先 :info@db-security.org
◇件名 :【参加申込】DBSC秋の臨時セミナー(10月17日開催)
◇メール本文:
----------------------------------------------------
氏名:
所属:(企業名・法人名のみで結構です)
E-mail:
----------------------------------------------------

<受講票の送付>
申込みメールを頂戴しましたら、事務局よりメールにて受講票をお送りいたします。
当日、受講票を会場へお持ちくださいますようお願い申し上げます。

<(ISC)2認定資格保持者様向けのCPEクレジット申請方法>
詳細・お申込みページにある、「CPEクレジット申請フォーム(PDF)」をダウンロードいただき、事前に印刷・記入され、当日、お持ちください。
会場内に設置します「CPEクレジット申請書用BOX」へご投函お願いいたします。
※CISSP認定保持者様のCPEクレジット(2ポイント)が取得可能です。
※ご参加後、米国(ISC)2本部により監査(Audit)が入りましたら、主催者(DBSC事務局)まで、ご連絡ください。ご参加証明書を発行いたします。
(※詳細は、セミナー告知ページをご参照ください)


【内容】 
13:00~13:10 開会挨拶
DBSC会長:安田 浩 氏 (東京電機大学 学長)

13:10~14:10 基調講演「情報セキュリティ脅威のいま」
新井 悠 氏
 (一般財団法人日本情報経済社会推進協会
 トレンドマイクロ株式会社 ソリューションSE部
 上級スレットデイフェンスエキスパート

 2017年上半期に発生した最も大きな情報セキュリティ事案である、 5月の「WannaCry 」と6月の「Petya (別名:NotPetya、GoldenEye、など)」という 2種のランサムウェアの広範な拡散による被害について解説し、 現在の脅威の動向について詳解する。

14:10~15:10 DBSC会員企業によるソリューション紹介
調整中

15:25~16:55 パネルディスカッション
        パネラー :新井 悠 氏
              DBSC 安田浩 氏、大澤清吾 氏、吉岡道明 氏
        モデレータ:西本 逸郎 氏

16:55~17:00 閉会挨拶
DBSC事務局長:西本 逸郎 氏 (株式会社ラック)

※内容は予告無く変更される場合もございますことご了承ください。


■データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)について
  本コンソーシアムは、「データベースセキュリティ」の普及促進を図るために 設立された任意団体です。 ワーキンググループを通じて、データベース技術者、セキュリティ技術者、システム開発者、ネットワーク技術者のための 様々な 『技術交流の場』を提供し、また、技術的な要素だけでなく、『法律の専門家や政府機関との情報交流や勉強会の場』 として、更に各業界団体や学会等の他団体との交流も推進して参ります。