システム構成・システム要件

システム構成

システム構成

AUDIT MASTER 1台で複数の監査対象データベースを一元的に管理することができます。
監査対象データベースに出力された監査ログは、AUDIT MASTER で自動的に収集され、リポジトリに蓄積されます。
AUDIT MASTER リポジトリを定期的にバックアップし、監査ログをリポジトリから削除する運用を推奨しています。(AUDIT MASTER の機能で対応可能)
監査ログレポートの出力や情報漏洩・情報改竄に対するフォレンジックの際には、 バックアップされた過去のログデータをリポジトリに戻して、分析することも可能です。

システム要件

監査対象データベース
OS Windows 7, 8, 10
Windows Server 2008, 2008 R2, 2012, 2012 R2, 2016
Sun Solaris 11, 10, 9, 8, 7
HP-UX 11i, 11
Linux カーネル2.4以上
AIX 4, 5
対応DB Oracle Database 9.2.0, 10.1.0, 10.2.0, 11.1.0, 11.2.0, 12.1.0, 12.2.0
MS SQLServer 2005, 2008, 2008 R2, 2012, 2014, 2016
MySQL 5.1.16 ~
MariaDB 5.1.16 ~
PostgreSQL 9.5 ~ (PGAuditプラグインが必要です)
Amazon Aurora
※クラウドのデータベースサービスにも対応しています。
 Amazon RDS (Oracle, SQL Server, MySQL, MariaDB, PostgreSQL, Amazon Aurora)
 Microsoft Azure SQL Database
 Nifty RDB MySQL、Oracle Cloud
※Oracle RAC, Oracle Exadata にも対応。従来型Auditを使用します。
ディスク 監査対象に監査ログを蓄積するための空き容量が必要です。(通常、1 GB 以上の空き領域が必要)
その他 AUDIT MASTER から監査対象のデータベースに接続できる必要があります。AM エージェントを利用する場合、監査対象の任意TCP ポート(デフォルト12101)を使用します。


AUDIT MASTER 本体 ( AUDIT MASTER をインストールする環境 )
OS Windows Server 2008, 2008 R2, 2012, 2012 R2, 2016
Windows 7 (Professional, Ultimate), 8 (Pro), 10 (Pro)
リポジトリ
データベース
ビルトインデータベースを使用
(Version 2.0までは Oracle Database 10.2.0, 11.1.0, 11.2.0 が必要)
CPU Intel Pentium プロセッサ( Intel Pentium III 以上を推奨) 、またはAMD Athlon プロセッサ同等、あるいはそれ以上のCPU(x86 アーキテクチャ、またはx86_64 アーキテクチャ)が必要です(Windows、またはLinux オペレーティング・システ ムの場合)。オペレーティング・システムがSolaris 10 の場合は、Solaris 10 のハー ドウェア要件(SPARC アーキテクチャ)に準じます。
2コア以上必須
メモリ 1GB以上必須(2GB以上を推奨)
ディスク 50GB 以上(蓄積する監査ログデータ量に依存。SSD 推奨)
TCPポート AUDIT MASTER 本体側で、デフォルトで以下のTCPポートを使用します。
・12010 ~ 12012
その他 ホスト名(コンピュータ名)は、RFC952 に準拠する必要があります。